物の見方考え方を読んだ。

松下幸之助氏の考え方。

もう30年以上前に書かれたものですが、納得できることが多いのは、
それだけ普遍的なことを語っているからであって、
それをわざわざ書いているのは、やはりそれ以外に語ることが無いからでしょう。

中でも、仕事に一つ筋を通す、大黒柱を持つ、というのは非常に重要です。
そしてそれを皆で共有すること。これが無い所は脆いです。

また、当時からスピードやデザインを気にしているところは、やはりすごいですね。

オススメ度★★★