リヒャルト・シュトラウスのオムニバス。

ラジオでツァラトゥストラかく語りき(2001年宇宙の旅のアレ)が流れて、
ちょっと全編聞いてみたいなと思って、買ってみた。

1,500円ながら2CDで、

交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」op.30
ホルン協奏曲第2番変ホ長調
4つの最後の歌

交響詩「ドン・ファン」op.20
交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」op.28
交響詩「英雄の生涯」op.40

が収録されている。
指揮は、カラヤン、ベーム。

これは良い。
ドン・ファンが気に入りました。
N響アワーのオープニングで流れてたやつ。
ここ何日かひたすら聞いてる。

ドラマティックでふと聞き入ってしまう作品。

関連リンク:
リヒャルト・シュトラウス – wikipedia