ライラの冒険 黄金の羅針盤を見てきた。

以下、ネタバレあり。

えーと、雰囲気ゲーならぬ、雰囲気映画ってことでOKなんだろうか。

もしかしたら、続編への伏線的なものがあるのかもしれないけど、
展開が都合よすぎるかなー、と。

いきなり現れる魔女、
いきなり現れる飛行艇乗り
いきなり現れるクマ

個人的には、そういうの嫌いではないので、楽しかったですが、
気になる人はとことん気になるかも。
それはない、みたいな。

魂が肉体に宿るように、魂が動物として具現化し、
常に自分のそばにいるという「ダイモン」のアイデアは良かった。
PABを思い出したけど、
自己との対話をビジュアル的に示せる。
続編では、そのあたりもっと深く描かれればと思う。

後は……
クマ!カッコイイヨ、クマ!

   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● | クマ──!!
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)

イオレク・バーニソン。

クマファンになった。

そんな映画。

関連記事:
神林長平 – 帝王の殻