電車の扉の前に立っていた子供が、外を眺めてつぶやいていた。

「近くは速い…、遠くは遅い…」

子供のほうが現象学的であるというのは本当だと思った。