マイクロソフトは、過去19ヶ月間に発売した1160万台のXbox360
全てについて設計上の欠陥があることを認めたらしい。
CRN(英語)
via GIGAZINE

現行機は寿命1年説があるらしいけど、
たぶん、発売後付近のがどんどん壊れ始めたんじゃないかな。
ここ2~3ヶ月で明らかに修理依頼が増加しているというのは、そのせいかもしれない。
ということはマイクロソフトも後1年以上は修理・交換をし続けることになるんだね。

普通に使って1年で壊れるとすると、
丁寧に使えば1年半くらいはもつかもしれないな。

1年半使って修理に出して新しくなって返ってきたらなんか得かもしれない。
逆に2年経っても動いてたら、早く壊して交換してもらったほうがいいかも・・

しかし、こんなニュースが出てもブルーにならないくらいXbox360はイイ。
この感覚はスーパーファミコン以来かもしれない。
エースコンバット6が待ち遠しい・・

関連記事:
トラスティベルの不具合
マイクロソフト、Xbox360を自主回収?
Xbox360の故障率