大学生に100%リーチし、保存性の高い『コピー裏面広告』とは

通常、有料のものを『広告』を付けることで無料にする

という流れはウェブだけに留まらないようで。
よくある1枚10円のコピー機で、用紙の裏面に広告を付けることで、
コピー料金タダというビジネスモデル。

大学生協のコピー機を使用することで、ほぼ100%大学生という
かなりのヒマと、そこそこのお金を持っているターゲットに広告をリーチさせられる仕組み。

確かにプロモーションの手段としては魅力的ですね。

しかし勉強の途中に、広告が目につくというのはいかがなものか・・
ドイツ語とかジリジリと翻訳しているときに、
ふと気がついたら広告読みふけってるような・・
いかん。