マノン・レスコーを読んだ。

読んだのは勝見勝訳のマノン・レスコオ(1950年)。

アンドレ・ジッドは一応「フランス十大小説」の一つとしているらしい。

本作は椿姫の中にも出てくる本で、
それをたまたま古本屋の50円棚で見つけたので買ってみた次第。

マノンとグリゥの盲目的恋物語。
グリゥの金が尽きると、他の金持ちに走るマノン、
それでもグリゥはマノンを追いかけ、逢えばやはりグリゥを愛するマノン。
というのが延々続く、ある意味偉大な作品。

事件毎のグリゥの申し開きが、割と納得できたりするところもあって面白い。
特に、美徳に関する親友チベルジェとの議論は興味深い。
宗教的立場の美徳というものは、ただ信仰によってのみ
確かめられるものであるが、恋の幸福は体で感じられるという
グリゥの信念が語られる一幕。

そして、あらゆる罪の果てに、二人はアメリカまで渡り、マノンはそこで息絶える。
まさに地の果てまでも、という感じ。

この本を「慎み深くあれ」の言葉と共にマルグリットに贈る気持ち、
分かりますね・・・。

オススメ度★★