西洋哲学の背骨を読んだ。

今年の8月に出た、新めの本。

調べてみたら、著者は大学の大先輩でした(笑)
もちろん面識は無いですけど。

哲学では、先人の仕事を土台にしつつ、それを批判する、
というのを繰り返しているようなことも多いので、
いきなり途中の哲学者から始めても、たぶん分かりづらい。
おおまかにでも哲学史をさらっておくのが良いはず。

本書は何人かの哲学者をとりあげて、
古代から近代までをざっと眺めて見ましょう、という内容。
爺と二人の現代っ子の会話形式で話が進みます。
内容的にはタイトル通り、「背骨」という感じのようです。他の骨は無し。
その代わり分かりやすくなっています。
ソフィーの世界で挫折した人向け。

どうでもいいけど、爺の語尾の「~な」が、とても気になる・・・。
こういうの一回気にしだすと、いつも気になるんですよね。
先生の「えー」の回数数えちゃったりとか・・

オススメ度★★★