R.P.G.
R.P.G.
を読んだ。

短編には長いし、単行本にするには短いという、中編くらいの小説。
ということで、文庫書き下ろしだそうですが、さくっと1日で読めました。
ネットのコミュニケーションをうまく取り込んだ作品。

ミステリーものはあまり読んでないので、
こんなルールがあるとは知りませんでした。

地の文では虚偽の記述をしてはならない

自分は犯人当てとか、あまり興味が無いので気にしていませんでしたが、
確かに、言われてみれば、そうですよね。

ミステリの醍醐味は、嘘をつかないで読者を騙すという綱渡り的な記述の妙にある

なるほどね。

以下ネタバレになってしまいますが、
本書にもこのルールに違反する箇所があるようです。
「実は○○だったんだよー」みたいなやつでしょうかね。

ただ、インターネットというテーマには合っていて
面白いんじゃないかな、とも思います。

家族という役割を演じた人たちを演じるという
二重の「R.P.G.」が良いですね。

オススメ度★★★

表紙:Paul Klee