また、広告に関する手段。
基本はやはりクチコミ促進。

顔写真をアップすると、広告の人物が、その顔写真になるというもの。
すごいのはどちらも動画ということ。
特にHPのほうは口の動きとか面白いのではないでしょうか。

HP

Levi’s

これ、もの凄いマッチしたやつとか、
面白い人物組み合わせて見せる人とか出てくるんでしょうね。

ソリューションはPERSONIVAが提供ということでしょうか。

お客は、Webで、モバイルで、広告をパーソナライズし、共有します。

えーと、今までこのブログで紹介した宣伝手段をちょろっと振り返ると、

コピー紙裏面広告など。
「利用=宣伝」系。
無料系メールとか、広い範囲ではYouTubeなんかも同じ。バイラルの基本。

BloMotionなど。
「よろこびの声」系。
即効性はあるかもしれないけど、ちょっとあからさまか。
ブロガー以外あまり楽しくない。

クチコミックシリーズ「広告物語。」など。
「ご覧のスポンサーの提供です」系。
コンテンツ作成に労力。良くも悪くもコンテンツ次第。
動画の最後にURLも同じ。
っていうか、従来のTVCMなんかもこのへん。
うまくいけば見るほうは楽しい。

などなど。

今回のは、「ジェネレーター」系ですかね。
アイデア次第で、自発的に広告に参加(その意識は低いだろうけど)してくれる。
作るほうも見るほうも楽しいかも。

うーん、「クチコミ」もひとくくりでは収まらなくなってきているようです。

via 自分広告 (PERSONIVA.com)