広告物語。

「広告物語。」で広告すると、 伝わるのが遅く、商品も目立ちません。

そっとこの冊子を手渡されたら、 そのまま立ち読みしたくなるような、
ただおもしろい読み物としての完成を目指します。

という趣旨の広告媒体。
サンプルが4点ほどあります。

瀬をはやみ」はなあ・・中盤からまさかの急展開。面白い。

怪しげな商売の広告やると逆効果な気もしますが、
じわりと広まれば印象は良いかもしれません。
ただ、原作と画に全てがかかってきますね・・

押し付けの広告から、広めたくなる広告へのシフトは評価したいところ。

Webに関して言えば、
Webのビジネスモデルとして、「広告」を外せない以上、
従来の広告とは違う、「押し付けがましくない」広告モデルを開発することは
重要なテーマの一つですね。

Web以外でもそうか。