バッハの「正しい」聴き方
バッハの「正しい」聴き方
を読んだ。

題名が誤解を招くような気がするのですが、
なんてことはない、バッハと曲の紹介本です。

バッハの人生と曲を時系列で紹介しています。

単に曲を聴くだけでなく、その当時どういう状況にあったのか、
などを知るとまた違った聴き方ができるかもしれません。

そんな感じの気軽な一冊。

オススメ度★★★

ちなみにバッハで一番のお気に入りはマタイ受難曲(Wikipedia)の39曲目。
アリア「憐れみ給え、わが神よ」です。
最初に聞いたのは映画、A・タルコフスキーの『サクリファイス』ですが、
東方の三賢人を背景に流れるアリアが最高なんですよね。