しろログ

日々巡り会ったものの感想・レビュー

weblog

https://anond.hatelabo.jp/20191128023616

任天堂入社を目指し、東京芸大を志望する中学生(
https://anond.hatelabo.jp/20191127201601
)へのアドバイス的なもの。

ゲームを初めから目指しているよりも、そのズレた新鮮な目線が会社にとって、とても有益であったということ。(略)およそゲームとはかけ離れた分野の知識があったのが活かされたようだ。

あとは・・・・運だ。

(略)

人生を決めつけすぎて、コケると人生の棒を振るので、その時その時で考えていけばいい。

実際は、どの大学出ようが、どこの会社行こうが、自分がうまくハマったとこで、表現をしていければいいと思う。

人生の先輩として、広い視野というものを的確に提供してくれている。

weblog – CSS Layout

https://csslayout.io/

コピペで使える、よく使われるUI・レイアウトパターンの紹介

weblog – The Deep Sea

https://neal.fun/deep-sea/

縦スクロールで深海を紹介

weblog – 「若い世代に“扇動工作”をしなければ、未来はつくれない」――富野由悠季監督が信じる「アニメの機能」

https://news.yahoo.co.jp/feature/1509

自分が理解できるものだけでできているのが“セカイ”なんだと。ほんとに狭いんだけれど、狭いからこそ“セカイ”と思わなくちゃ惨めなんだよね。現代の鬱屈感というのはそういう表れ方をしているんだと

SNSが普及し、リア充投稿を見るほどに、自分がリア充でないことに気づいてしまった大勢の人が鬱屈感を募らせているというのはありえる。

また、自分の共感できる好きな投稿あるいは投稿者とだけつながる小さなクラスタの中に安住することが当たり前となり、人としての器や視点、スケールが小さくなっていく。

鬱屈への共感を生んで、視線を自分の内側にだけ向けてしまう作品は危険だと思う

鬱屈を反骨精神として正しい方向に成長あるいは表現できるようになれば問題は無いが、犯罪などの負の方面へ先鋭化することもありえる。

SNSは人々の本当にわずか部分しか見えないにも関わらず、タイムラインで多くの情報に触れると、世間を見たような錯覚を覚えることもある。

漫然とした利用は自分の考えや気分を矮小化させる可能性があり、デメリットのほうが大きいかもしれない。

weblog – if文を使わずに値が0から1の範囲内に収まっているか調べる

https://amagamina.jp/no-if-range/

int v = (int)((x - 0.5) * 2);
float isInRange = (float)v / (v - ε);
εはイプシロン定数(CのFLT_MIN、Unityのfloat.Epsilonなど)で限りなく小さい値です。
« Older posts

© 2020 しろログ

Theme by Anders NorenUp ↑