やってみなきゃ分からない、って確かにそうなんだけれども、思考停止の免罪符にすべきでないんじゃないかなーって気がしたり。

確かにあらゆる未来予測は困難で、ひとくくりにすれば「やってみなきゃ分からない」にまとまるわけですけれども、
やはりその中でも、確度の高い・低い、次につながる・つながらない、目的のベクトルに合う・合わないはあるわけで。

そこを一定の評価軸でもって、決断したうえでの「やってみなきゃ分からない」ならいいけど、そこらへんいい加減なまま「もしかすると、いい展開が期待できるかも」って感じなら、それはギャンブルと同じなんだよなーっと。
何でも、そうなんですけどね。

人事を尽くして天命を待つのが勝負、希望的観測でエイヤってのがギャンブル。
勝負師とバクチ打ちは違いまっせ、っていう話。

結果が0か1かって話でもなければ、まるっきりの無駄ではないんだろうけど。
度合いの問題。

(この辺、理屈飛び越してうまく転がせる、嗅覚にすぐれた人もいるっちゃいると思うけど)