コレといった目的も無かったけど、Win8系触ったこと無いからー、とか、もしかしたらタプレット向けアプリも作るかもー、とか、事前レビューで、今度のSurfaceProはかなりヨイ、みたいな評判だったので、あまり深く考えず購入。

スペック比較とかなんとかは大手サイトでいろいろレビューされていると思うので、ほんとに一ユーザーレベルでの感想だけ書こうと思います。

別売りのキーボード兼カバーも同時に買いましたが、パッケージなんかは思ったよりシンプルで良い感じ。
分厚い説明書なんかも無く、まあとりあえず電源入れてスタートしなよってのは、もう近年当たり前ですよね。

基本的に、
・WiFiがすでに設置されてて、そこへの接続方法(AP選択、パス入力)も知ってる
・ユーザー登録/オンラインでの製品登録という概念を理解している
方なら、特に問題なく始められるんじゃないかと思います。

が、この辺りは、まだまだよく分からないって方も多いんじゃないかと思うのですが、その場合、いきなり挫折しそうで、そこら辺、MSさんはどうお考えなんでしょうね。
やっぱり、電源押したら、ホーム画面出て、すぐに使い始められるのが理想ですよね。

でまあ、とにかく起動して、触り始めたんですが、正直言って分かりづらい。
とにかく手探り状態。画面外からのスワイプでも右から左から下から、とかもういろいろ出てくるし、
入力するにしても、キーボードとキーボードのタッチパッド、スタイラスペン、自分の指、と幾通りも方法があるので、混乱することこのうえ無し・・
全部スマホアプリみたいなUIなのかと思いきや、いきなりwin7的なデスクトップ画面が出てきて、ファイルマネージャみたいのが開いてたり・・
PCとしても使えるし、タプレットとしても使える、ハイパワーなオールインワン、というコンセプトが完全に悪い方へ出てしまっています。

この辺のUXはiPad始め、タブレット特化しているデバイスのほうに軍配が上がるかなー。

次に、いきなりアプリ作りするのも大変なので、スタイラスペンを利用してお絵描きが出来るか試そうと思いました。

今回ワコムのデジタイザではなくなってN-Trig製とのことなんですが、これに対応したソフトがそもそも少なめなようで。
試しにSAIとか入れてみましたが、そのままでは線がガタガタで使えず。
面倒なので、N-Trigに対応しているらしいという、コミスタ入れてみると、まあわりと普通に使えそう。
あとはカスタマイズ次第かもと思いつつ、やはり指による拡大・縮小などの感度は悪め。
また、機能的にも充実していて本格的に描くならいいんですが、その分重い感じがします。

最終的には製品版買わないといけないし、と思ってたところに
ワコムのBamboo PaperがSurface Pro 3にも対応したっぽいという記事を見つけて入れてみるも、起動画面から微動だにせず・・
仕方なく、同じくワコムのBamboo Pageとやらを入れてみると、こちらはいい感じに動く。

複雑な機能は無いけれども、さくっと落書きはできそうで、このくらいシンプルなほうが逆にアリだなという感じ。
遅延もあるといえばあるけど、許容できる範囲になってきたかも。
この辺はソフトによる差も多少はあるのかな・・
個人的には有線ペンタブと同等の動きじゃないと満足できそうにありませんが・・

あと、MacBookAirと一緒にカバンに入れて持ち運んでみたら、裏面がガサガサ削れてMacに粉っぽいものが付いてました。
拭いたら取れたけど、Surfaceのほうは擦れた後が残りましたね。

正直なところ、普段ちょろっと使うなら、MacBookAir開くほうが断然楽なんですよね。
慣れによるものが大きいのかもしれませんが。

変にキーボードとかペンは持たないほうがいいのかもしれない・・

メインで使おうという意気込みも無かったので、総合的には微妙デバイスという印象になってしまったのですが、今後の使い方次第で化ける・・といいなぁ・・

MSさんががんばってシェア拡大してくれることを祈って、Windowsアプリ作ってみっかな、とか、そんな感じ。

関連サイト:
Bamboo Paper