読んだ。
ガンダム黎明期の、富野由悠季、安彦良和とその周辺の物語。
描写には相当デフォルメが入っていて、実話を元にした創作と見るのが正しそうだけど、ドキュメンタリーとしても読める感じ。

個人的にガンダムについては当時のこと含めほとんど知らなかったので、ざっくりでもいいから分かればいいなと思い購入。
細かい演出はさておき、当時の流れをざっくり知るという意味では、目的は達成されたのかなぁ。

当時アニメが打ち切りになるも、その後ブレイクというのは全く知りませんでしたが、世に無いものを出した時というのはそういうものなのかも。
とにかく新しいものを創出していくんだ、という熱量は、クリエイティブなことしてる人には刺激になるんじゃないでしょうか。

現在では、ネットサービスなどを使うことで比較的少ない資本で多くの人にリーチできる環境がありますが、当時はスポンサー見つけて仕事として伸るか反るかの勝負をしなければならない環境であったことを考えると、自らの企画を実現させるエネルギーには圧倒されるところです。

その辺、コミックとしてよく描かれていて、なんかテンション上がりますね(笑
定期的にこういう成分は摂取したいところなので、そういうものを求めている方にはおすすめかも。