しろログ

日々巡り会ったものの感想・レビュー

Month: 3月 2014

劇場版ドラゴンボールZ 神と神

ネタバレあります。注意。

2013年3月公開だったのが、昨日地上波でOAされたのを見てみました。
この日は、実家にいたんですけど、なぜか母がDBZにチャンネルを合わせたので、なんとなく見始めたんですよね。
正直、この辺りの映画って基本、子供向けの焼き直しと思ってたので、全く見る気は無かったんです。

自分は毎週水曜夜7時を楽しみにしていた一般的な小学生の一人ではあったけれども、それ以上のマニアとかではないです。
なので、この記事も、かつて好きだったアニメを、久しぶりに見た人の感想になってます。
熱心なDBファンの感想はまた違うものになるんでしょうかね。

で、見た感想ですが・・

まず、やっぱり懐かしさが先にたちます。
手ごろなキャラを一通りキャスティングして、昔の映像挟むあたり、劇場に来る父兄を意識した感じなんですかね。
リアルタイムな世代で無い場合、細かい部分いちいち理解しようと思ったら、漫画・アニメ全部見ておかないといけないですからね・・

全体としては、ギャグ有り、メシ有り、バトル有りで、「あー、DBって大体そういう感じだったよね」っていうのが程よくまとまっていた気がします。
ギャグとシリアスで落差が大きく、ついていけないという感想もあるようですが、まあ確かに、上記のDBエッセンスを凝縮するとそうなってしまうかもしれません。
ただ、ストーリーは鳥山明ということで、だからこそ逆に本作のような仕上がりになったとも思えます。

そして最も話題になるところだと思いますが、ベジータ凄いですよね。
これは評価分かれるかと思いましたが、ちょろっと他の人の感想見ると、面白かったとか、ベジータだから良い、とか概ね好評な雰囲気。

さすがに相当に誇張されたギャグなんですけど、子ども向けにはあのくらいで丁度な気もします。
しかしまあ、今の子どもたちにとってベジータはギャグおじさんという認識でしょうね(笑

本作だけ見ると、完全に道化役に近いんですけれども、おそらく、少し違った視点で見れるのがDB世代。

あの、ベジータですよ。
ナッパと共に地球を征服にやってきたころのベジータを思い出してください。

ああ、あのベジータがねぇ・・
と思うと時の流れを感じざるをえません。
プライドの塊だった彼にもそれ以上に大切なものができたんですなぁ。

元々彼は強きにおもねり、弱きをくじく、みたいな所がありましたけど、そこがまた人間臭いですよね。
三十六計逃げるに如かずのような計算高いところとか、ナンバーワンにはなれないけど手堅い生き方という、世知辛い世の中で、我々が知らずに追いかけている生き方をしてるんじゃないかと。
悟空になりたかった少年も、いつしか家庭を持って社会で奮闘するうちに、このベジータを単純には笑えなくなってるんじゃないでしょうか。

ブルマにしても、38歳ですよ。
あの悟空と無茶な冒険してた娘がもう38・・
たぶん現実でもオンタイムのころと本作との間で、20年以上経っているんで、この辺りの設定が異様にリアルに迫ってくるんですよね。

今新たに小学生の皆さんがこの映画を見ても、そんな感想は持ち得ないわけで、こういう感慨にふけることこそ、リアルタイム世代の愉しみ方なわけです(笑

いずれにしろ「時」を感じさせることができるのは長期に渡って愛された作品の特権ですね。
たぶん、各々の世代でそういう作品は出てくるもので、世の中うまいことできてるなぁ、という気がします。

そして、バトルシーンはもうお決まりですよね。
DBといえば、キャラアップの武術、引いては衝撃波、それを眺めつつ解説挟むその他のキャラ。
TV版ではこれが何週間続いたか分かりません(笑
ここは劇場版というのもあるでしょうが、久しぶりに見るのもあってちょっと進化したというか豪華な作り。

そしてEDのコミック版ダイジェスト。
これなんか見ると、ああ、やっぱ鳥山明すげぇってなもんですね。

印象的なシーンのオンパレードなんですけど、やっぱりどのコマもそれほど大きいものでないことも多いんですよね。
見開きはたぶんほとんど無くて、1ページの2/3とか、そんな程度。
ただ、その構図とか配置とか見せ方が巧みで、そのコマが何倍もの大きさで頭にインプットされてしまうという・・

とまあ、とにかく予想外に面白く、懐かしく、感心したりで、感想記事(それも思ったより長くなった)まで書かずにいられないという、作品でした。
うーん、母に感謝や・・

自転車のバルブ交換

20140301.jpg

自転車のタイヤから空気が抜けている場合、パンクの可能性もありますが、空気入れバルブの虫ゴムが痛んでいる可能性もあります。
以前、虫ゴムが悪くなってたので苦労して取り替えたのですが・・

先日、新しく買った携帯空気入れで、自転車用に空気を入れようとしたら、前輪の空気バルブの先端が折れました。
もちろん金属製なので、おかしいなと思いつつ、後輪でも試したら同じように折れ・・

どうにもならないので、新しいバルブをダイソーで買ってきました。
虫ゴムタイプは苦労するので、虫ゴム不要のものです。
装着は簡単で、今ささっているバルブの代わりに入れるだけ。誰でもできます。

今のところ問題無く使えています。

あと、ついでに右の空気入れスプレーも買ってみました。
時々、ちょっと少なくなった分を補充するのに便利です。

© 2017 しろログ

Theme by Anders NorenUp ↑