小学生以来ぶりくらいにプラモを作ってみました。

キットの詳細はこちら
タミヤ公式:1/32 零戦52型 リアルサウンド・アクションセット

このキットの大きな特徴は、機体エンジン部分にモーター、台座にスピーカーが内臓されていて、エンジンサウンドが、プロペラの回転数と同期して再生されることです。
そのエンジン音も、世界で唯一現存・稼動する栄エンジンの音を収録しているという手の込みよう。
それを見聞きしてみたいがために買ってみた次第です。

CIMG0547.JPG
意外に大きくて、びびります。
小学生の頃、おもちゃ屋で見かけても決して手の届かなかったあのサイズです!

ちなみに右下の小さいのは、練習用に買いました。ほぼ同型1/48スケールの52型丙で、1500円くらいです。

DSC_0018.JPG
全て揃えた塗料類の一部。子どもの財力では3つ4つ買っただけで一ヶ月の小遣いが吹き飛びます。まさに大人買い。
日ごろ模型制作をしているわけでもないので、他にもピンセットやらヤスリ、その他小さな道具も買ってます。

当然ながら製作記を付けられるほどの技力は無いため、途中は割愛です。

なお、以下のページは大変参考になりました。理想的には以下のページのように進みます^^
http://nabeck.web.fc2.com/sakai.htm
http://www.geocities.jp/hien60jp/tamiya.htm

他にも模型雑誌や、完成見本なども見ましたが、プロの凄さが身に染みます・・
なんなんでしょうね。あの完璧さは・・

自分のほうはというと、色のはみ出し・侵食、接着剤ダレ、着け間違い、その他悲惨な事態が多発しました。
接着剤や塗料の匂いに懐かしさを覚えるも、すぐにぐったり・・換気にも気をつけましょう。

そして・・

CIMG0549.JPG
2日かかってできた練習用機体。

CIMG0551.JPG
見よう見まねでウェザリングなどもしてみましたが、ただ汚くなっただけでした・・

しかし、練習の甲斐あって、塗装周りなどでわずかな知見を獲得したので、いよいよ本番用1/32スケールのものに挑戦。

スケールが大きいので、部品も大きくなって作りやすいかと思いきや、その分余計に細かくなってました・・

DSC_0019.JPG
途中の様子。ここまで足掛け4日間・・

CIMG0554.JPG
製作5日目、なんとか完成しました。

実際に動いている様子を撮影してみました。音量が小さいかもです・・

出来はともかく最後まで作れてよかった・・
ここ何週間か休みの日はひたすら模型作りでしたので、妙な解放感すらあります(笑

なんでもそうですが、数をこなせばもっといい作りにできそうだなと思いました。
あとは焦らず丁寧に・・

ちなみにこのキット、昨今のゼロ戦ブームのせいか、再販になっていたようですね。
取り扱い店によって差がありそうですが、最安25,000円程度であるようです。
マニアックな商品ですが、とにかく良い出来なので、品薄になるとプレミアが付くかもしれません。
(以前販売されていたものは定価以上の値になっていることもあったようです)

さてさて、余った塗料類をどうするべきか・・

# 完成品も扱っているようですね。
1/32 零戦52型リアルサウンドアクション(完成品)
価格:92,400円(税込)!技術料が6万円ほどですか・・まあそうですよね・・

■12/15 追記
この辺見てからやればよかったー