ドリヤス工場 - あやかし古書庫と少女の魅宝
ドリヤス工場さんのあやかし古書庫と少女の魅宝を読んだ。

絵だけ見るとそのまんま水木しげるなんですが、本作はドリヤス工場さんによるファンアート・パロディ作品です。
もちろん内容はオリジナルで、刀鍛冶(ソードスミス)など、漢字にカタカナ読みを振るという、ラノベっぽい感じになってます。

もともと、水木画風で、アニメ・ラノベ系の二次創作をしているのは知っていたのですが、単行本まで出しているとは知らず、朝日新聞のコミック欄で紹介されているのを見て、即購入しました。
絵はもちろん、漫符、擬音、セリフまわし、文字組に至るまで完コピされているので、全く違和感無く読めるんですよね。

そして、水木画風というのが、意外にいろいろなものに合うんです。
一気にあの独特の世界観に包まれるものの、なぜか受け入れられるものになります。
これは偉大な作家さんならみんなそうなのかもしれません。

ものまね師のコロッケや、DeepPurpleの完コピバンド紫など、本物より本物らしい、という人たちがいますが、ドリヤス工場さんもその一人だろうと思います。