久しぶりに小説読んだ。
なんとも言えない小説。

大きな事件や展開があるわけでもなく、ただ淡々と、そして穏やかに時が流れる物語。
結構、本を読むと、いろいろ考えさせられたりすることが多いけど、
そういうのが無いことがちょっとした衝撃だった。

ある意味とても癒し系。

ただただ理想のひとを書こうと思って書かれたものらしいが、
三重吉はこれを書いた当時、かなり精神的に参っていたとか。

ちょっと信じがたいが、分かる気がしないでもなく……