バーズでは不完全燃焼に終わってしまった同作品がヤングジャンプで復活。
シリアスな流れにコミカルさが加わった内容はそのまま引き継がれている。

ただ、単にバーズからの続きではなく、
「まきますか まきませんか」で「まきません」を選んだジュンのその後の話から始まる。

大学生になったジュンの背景物語と、真紅、水銀燈による現在の状況説明などが描かれ、
まいた世界が本流、まかなかった世界を「可能性の無くなった」支流世界として説明されている。

可能性が無いという状況を打破するため、ジュンが目を向けたのは……

という所で一巻終わり。

期待を裏切らない内容で、
バーズ時代好きだった方は買って損無し。

関連リンク:
もものたね**ローゼンメイデン