しろログ

日々巡り会ったものの感想・レビュー

Month: 11月 2008

初心者が分かりやすいと思う将棋の本

将棋の勉強は、実際指す(並べる)ことと、棋書を読むことがほとんど。

そこで、初心者が分かりやすいと思った本をいくつかご紹介。
初心者である自分が言うのだから間違いない。
(と、自信たっぷりなのが、逆に不安になるかもしれないけど)

佐藤康光の寄せの急所 囲いの急所 (NHK将棋シリーズ)

終盤の攻め方など。
一つの攻め筋につき、見開きページ、3つの図を基本に構成されていて、
さまざまな手筋、狙いどころが分かりやすく解説されている。
終盤の攻め方がいろいろ覚えられる本。

羽生善治 – 上達するヒント (最強将棋レクチャーブックス(3))

具体的な手筋というよりは、もっと全体を俯瞰したような、将棋の考え方の本。
目次は以下の通りで、なんとなくイメージがつかめると思う。
・基本方針と形勢判断
・構想について
・歩の下に駒を進める
・駒がぶつかったとき
・位取りについて
・主戦場について
・玉の安全度について
・さばきについて
・厚みについて
・スピードについて
・攻めの継続
・進展性について
・陣形について
具体例として扱われているのがアマチュア同士の対局なので、
当然疑問手が多く現れるが、その疑問手の後、どう進めていくかが書かれている。
疑問手後、以上先(後)手良し、で終わらない点がとても参考になる。

藤井猛 – 四間飛車を指しこなす本〈1〉 (最強将棋塾)

表題通り、四間飛車の本。
ほとんどが次の一手、あるいは三手を考えるスタイル。
全三巻で、これをマスターすれば実戦で手が見えなくて困ることはない、
と書かれている通り、細かい変化も書かれている。
例えば同じように仕掛けられた場合でも、
9八香の場合、4六歩の場合などでどうか、というのを意識させてくれる。

以上三冊。
他には、決定版 駒落ち定跡―八枚落ちから香落ちまでとか。

絶対量が少ないので、他に沢山あるはずだけど、今現在そんな感じ。

ついでなので、ちょっと初心者には早かったと思う本も。

谷川浩司 – 光速の寄せ〈1〉振り飛車破りの巻 (Super series special (Volume 1))

光速の寄せシリーズ。最初のほうの基本編などは良いが、
途中からは段位者向けのようだった。
読みこなせるようになりたい本。

羽生善治の終盤術(1) 攻めをつなぐ本 (最強将棋21)

中盤以降~終盤の攻めの本。
とても難しいというわけではないが、数手読む問題も多く、上級者向けのような感じだった。
ただ、中盤以降の解説が豊富なので、棋譜並べをしながら、
手の意味を確認したい時に使えるように思う。

それにしても、本の種類が多い……
この間、本屋行ったら文庫サイズの本も結構あったけど、
とにかく文字が小さくて読みづらいのが難点。
あと分厚いのも(笑

関連リンク:
棋書ミシュラン!
棋書購入検討・感想スレのまとめ

Rodrigo Y Gabriela – ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ

アコースティックギター二人組のラテン系。

ラジオでかかったこの曲を聞いてCD買ってみた。

ロドリーゴとガブリエーラはメキシコ出身で、
元々スラッシュメタルバンドからスタートしたということで、その影響が
明らかにディストーションサウンドにつながっていきそうな構成とか、
HR/HMに通じる音使いとか、たぶんそんな所に表れてる。

「フラメンコの要素は入っているけれど、構造はあきらかにロック寄り」(ロドリーゴ)

「ロックのカヴァーは、伝統音楽と思われたくないという意思表示」(ガブリエーラ)

即興が無く、練りこまれた印象的なフレーズが多いので、
なんとなく飽きるんじゃないかとも思うけど、決して悪くない作品。
CD聴けば聴くほど、ライブが凄いんだろうな、と思う。

オススメ度★★★

関連リンク:
RODRIGO Y GABRIELA – bounce.com インタビュー

© 2017 しろログ

Theme by Anders NorenUp ↑