しろログ

日々巡り会ったものの感想・レビュー

Month: 10月 2008

R.シュトラウス – 作品集

リヒャルト・シュトラウスのオムニバス。

ラジオでツァラトゥストラかく語りき(2001年宇宙の旅のアレ)が流れて、
ちょっと全編聞いてみたいなと思って、買ってみた。

1,500円ながら2CDで、

交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」op.30
ホルン協奏曲第2番変ホ長調
4つの最後の歌

交響詩「ドン・ファン」op.20
交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」op.28
交響詩「英雄の生涯」op.40

が収録されている。
指揮は、カラヤン、ベーム。

これは良い。
ドン・ファンが気に入りました。
N響アワーのオープニングで流れてたやつ。
ここ何日かひたすら聞いてる。

ドラマティックでふと聞き入ってしまう作品。

関連リンク:
リヒャルト・シュトラウス – wikipedia

ZWEI II (ツヴァイ2)

ファルコムのアクションRPG。

なんとなく買ってみた。
ファルコムは……ブランディッシュ3とかが最後だったな(いつの話だ)

まだ途中だけど、とりあえずの感想は、悪くない。
オープニングとか見てて失敗したかなと思ったけど、そうでもなかった。
気軽にプレイできる。BGMも結構良い。

なんか世界観的にクロノトリガーとかFF9とか思い出すんですよ。
キャラクターオリエンテッドなファンタジー。
浮遊島とか好きな人におすすめ。(限定的すぎ)

ビジュアル的には高品質設定にすれば初代PSよりいいくらいにはなる。
そこそこのグラボ(1~2万程度)積んでれば十分かと。

カナメの部分の、アクションはサクサクで問題なし。
戦略性よりもとにかく派手に暴れる系。

物理攻撃と魔法攻撃のボタンがあって、
押した瞬間キャラが入れ替わって攻撃してるとか、いい感じに動く。

後は、食べ物食べると、HP回復+経験値ゲット、というシステムだけど、これはどうだろう。

回復のために食べ物とっておくと、経験値増やせないし、
経験値のために食べ物使うと、ボス戦のための回復用が無い、みたいな。

まあ、普通にプレイしてる分には、そんなにストレスになるわけでもないからいいけど。

自分を責めるなとは言わぬ。
だが、筋違いの責まで全てを負おうというのはそなたの傲慢というものだ。

オススメ度★★★

関連記事:
デビルメイクライ4

関連リンク:
公式サイト

戦場のヴァルキュリア

戦場のヴァルキュリアをプレイした。

ジャンルはシミュレーションRPG。
ターン制で各ユニットを動かしていくやつ。

ただ、実際の移動や戦闘アクション等はマップ上で自分が行う。
最後にやったSRPGはファイナルファンタジータクティクスとかだから、
それに比べたらまさに隔世の感。

グラフィックスはトゥーンレンダリングでアニメっぽい感じ。
というか、ゲーム全体通して、アニメを見てるようだった。

特筆すべきはその表情で、このシーンはこの表情しか無い!という
微妙なニュアンスを表現しきっている。すばらしい。
よくまあここまで技術が進歩したものです。

あと、わざわざ擬音語が出るのは面白いアイデアだったと思う。
もちろん効果音がちゃんと鳴ってるのに
「ダーン」とか、「ザッザッザッ」とか文字で出るのである。

日本の漫画・アニメ文化をふんだんに取り入れた力作に仕上がってると思う。

※以下、ネタばれ含む

ストーリーも無難。

だけど……

途中でイサラが!

ってどういうことか。

CVが桑島法子だから、このゲームを買ったようなものなのに

実際モチベーション下がった。

でもまあ、いまだトラスティベルのトラウマから抜けきれてなかったから、
それに比べたら、全く問題なし。

もちろん突っ込みどころはあるけど、まあきれいにまとまった、めでたし系。
万人受けするんじゃないかと。

久しぶりに、終わってほしくないゲームだった。
PS3買うならこれを買えリストに追加。

オススメ度★★★★

関連リンク:
戦場のヴァルキュリア 公式サイト
TVアニメーション 戦場のヴァルキュリア アニメ化決定!

笠井潔 – サマー・アポカリプス

サマー・アポカリプスを読んだ。

探偵矢吹駆シリーズ第二段。
起こる事件を現象学的直感で捉える、という視点が面白くて、これで三冊目なのだが、
どうもミステリーの部分が退屈になってきた。
これは作品のせいというより、自分の趣向のせいだと思う。

ただ、思想の戦いをミステリーに折り混ぜて展開するのは面白いと思った。

普通なら思考実験として終わる話を、ミステリーという枠組みを借りて
現実問題として突きつけるクライマックスシーンはやはり小説ならでは。

で、結局、これは笠井潔のシモーヌ・ヴェイユ批判ということでいいのだろうか。
批判というか、批評、解釈、紹介……

ナチ党によるドイツ国家権力獲得にも匹敵すべき人類的な悪夢の始まりだったとしても、それがいったい何だというのだろう。

オススメ度★★★

関連記事:
笠井潔 – バイバイ、エンジェル
笠井潔 – 哲学者の密室

© 2017 しろログ

Theme by Anders NorenUp ↑