しろログ

日々巡り会ったものの感想・レビュー

Month: 7月 2008

GA-G33M-DS2RとVT6122

久しぶりにPCネタでも。
最近、コンパクトなPCが欲しくて10万ほどで調達した。

M/BがGIGABYTEのGA-G33M-DS2R。
で、なんかオンボードのLANの調子が悪い。
再起動10回くらいしても認識されないこともあれば、1回で認識されることもある。
認識されてない時は、そもそもBIOSに認識されてないっぽい。

この時点で明らかにおかしいのだが、
NICのためにセンドバックしたりとか面倒だと思ったので、とりあえず安そうなの付けてみることに。

そして何も考えずに安いから買った玄人志向のGBE-PCI2。
VIAのVT6122を積んでいるのだが、これで2時間格闘した。

付ければ動くと思ってただけに認識の甘さを知る。いろんな意味で。
やっぱ玄人志向は玄人じゃないとダメなんだね……
ここのレビューではかなり良さげなのだが、M/Bとの相性が悪いのか、なんなのか。

ドライバ最新の入れて、認識はされてもパケットの送受信がおかしい。
特に受信ができてない気がする。

で、諦めてBuffalo。
何事もなく動いた。

まあ素人はBuffaloでも入れてなさいってこった。
という感じでやれやれ。

笠井潔 – バイバイ、エンジェル

バイバイ、エンジェルを読んだ。

矢吹駆シリーズ第一弾。
パリを舞台にしたミステリー。

物事に、唯ひとつの論理的な説明というものは無く、
作ろうと思えば、いくつでも論理的な説明ができてしまう。

そこで、数多くの正しい推論から、
唯一の真実へと至るために、現象学的な観点から物事を俯瞰する。

そんな、哲学ミステリー。
やっぱり、カケルの哲学談義がいいね。

哲学者の密室を読んでいたので、特に新鮮な感動はなかったけど、十分楽しめた。

「できるだけ簡単な生活をする」

それを目指したいんだけど(><

オススメ度★★★

関連記事:
笠井潔 – 哲学者の密室

楽器とか音楽とか

処分症候群発病中。

ギター一本残して後は売った。
シールドとかは捨てた。

残すかどうか迷ったエフェクターも、安値付いてたら残そうと思ってたが、予想外の良い値だったので置いてきた。
やっぱいい音出してたもんなー。
もの凄い納得したので良しとする。

で、引き続き、家の整理をしてたら、謎のテープが出てきた。
聞いてみたら、6~7年前のほとんど唯一と言っていいほどのスタジオ練習テープだった。

音楽よりも、合間の会話のほうが面白かったり、懐かしかったり。

とりあえず、残したギターとこのテープがあれば思い出には十分なはず。

バリ島

6/25~6/29まで社員旅行でバリ島に行ってきた。
リゾート地なので、外国人でも過ごしやすい場所だったっぽい。

サーフィン

とりあえず、サーフィン。
常に風があって、けっこう波も高い。
カイトがいたるところで上がってた。

寺院

寺院見たり。

ケチャックダンス

ケチャックダンス。
個人的にはかなり印象深かった。
最終的にトランス状態に入るという、ラーマヤナ伝説をモチーフにした踊り。
チャッチャッという掛け合いリズムと、能のようなセリフ回しが良い。

バリのひとびと

カメラを向けると、OKOK、と、笑顔で応えてくれた。
観光客慣れしてるわー(笑

そんな感じで。
バリといえば、海ですが、山のほうに行ってラフティング(川下り)なんかもやってみました。
いかにもバリっぽい風景の中を下ってみたりできます。

日本ではこれから夏本番ですが、一足先に夏を楽しんできました。


↑オススメ(笑

© 2017 しろログ

Theme by Anders NorenUp ↑