しろログ

日々巡り会ったものの感想・レビュー

Month: 5月 2008

三手詰

詰将棋図

いくら初心者だからって、この詰みに気付かないのはどうかと思う(涙

HR/HM系バンドのお気に入りギタリスト

メタル系ミュージシャンの選ぶギタリストTOP50
という記事があった。
TOP50とは言え、ほとんど全員分かるあたり、
どんだけメタル聴いてたかを思い知らされる(笑

上位はこんな感じ。

01. ジミ・ヘンドリックス
02. エディ・ヴァン・ヘイレン
03. イングヴェイ・マルムスティーン
04. ランディ・ローズ
05. リッチー・ブラックモア
06. ジミー・ペイジ
07. トニー・アイオミ
08. スティーヴ・ヴァイ
09. ジェフ・ベック
10. マイケル・シェンカー

メロスピ・ネオクラ系を全部代表してインギーが3位なんだろうか。
HR/HM系のお気に入りギタリストだから、おのずと傾向は似てくるとはいえ、
なんだかYOUNG GUITARの表紙と間違えそうなラインナップ(笑

棋譜並べ

初心者はとりあえずプロの棋譜、100局覚えよう、という話があったので、
真に受けて並べ中。現在8局。先は長い。かなり。

序盤の定跡化されてるところは、似たような展開になるので、混同しやすい。
逆に中盤以降は、全くと言っていいほど異なる展開なので覚えやすいのだが。

そして、覚えた棋譜を無心で並べていたりすると、
写経してるような心持になったりする。

写経したこと無いけど。

っていうか、無心で並べてたら意味無いんじゃないかとも思うが。

最近は、歯磨きの間や、電車に乗ってる間の半分は頭の中で棋譜並べ。
特に満員電車で本が読めないとか、手がふさがってる時とかは便利。

ちなみに予定では、羽生善治の終盤術シリーズと、
天野宗歩、大山康晴、あたりを、と思ってるけど、
棋風が全然違う人のでもいいのだろうか……

巌谷国士 – シュルレアリスムとは何か

シュルレアリスムとは何かを読んだ。

よく言われる、「シュール」はシュルレアリスムが語源だけれども、
一般的に解釈されている意味とは全然違うんですよね、
という話から始まる、講演調の内容。

端的に言ってしまえば、シュルレアリスムとは、
「現実離れした不思議な世界」ではなく「現実と連続して存在する、強度の現実世界」
ということらしい。

強度のというのは、本質をついている、という意味だと解釈してみたり。

現実と連続(リンク)しているんだけれども、その途中の段階が省略されていたり、
作品として出てくることなく、最終段階が、ぽっと出てくるので、
いわゆる「シュール」なことになってしまう(笑)

禅問答に近いものがあるかもしれない。
問いがあって、答えがあるんだけれども、その途中が無いから、
答えがすごく奇妙に思えてしまう。

本書ではシュルレアリスムのほか、それに関連して
メルヘン、ユートピア、と主に3つの主題について語られている。

講演だけに、普通の聴衆になった気分で、気軽で分かりやすい。
さくさくと読める割に興味深い内容が良い。

メルヘンでの、おとぎばなしについての考察や、
現代日本が古代ギリシアあたりの人達が想像していたユートピアにかなり近い
(ただし、それはかなり良くない(笑))といった考察が面白い。

オススメ度★★★★

NintendoDS しおんの王

しおんの王をやってみた。

一応、アドベンチャーということになってるけど、当然将棋メイン。
シナリオモードは、詰み、詰めろ・必至問題で進む感じ。
シナリオ自体はまあ、まあ。ゲーム用ってことで。

原作があるだけに、各登場人物と対戦できるのが一番の魅力だと思う。

ただ、駒・盤上が見にくいのが難。
コントラスト上げるだけでだいぶ変わるだろうに。

© 2017 しろログ

Theme by Anders NorenUp ↑