しろログ

日々巡り会ったものの感想・レビュー

Month: 10月 2007 (page 1 of 2)

武田保真 – Linux RAID入門

必要に迫られて真面目にRAIDを勉強してみることにした。

本書は初めてLinuxでRAIDを組もうとする人向けに書かれていて、
RAIDとは、パーテーションとは、などから説明されている。

特にLinuxにおけるパーテーション、ファイルシステム、デバイス/マウントなどの概念は
Windowsのそれと感覚的に異なる部分も多いので、改めて確認するのに役立つ。

後はRAIDデバイスの構築、障害発生時のディスクの取り外し・追加、
LVM、バックアップについて一通り書かれている。

入門書ということで、必要以上に説明を加えていないので、すらすら読める。
コマンド等も省略されずに紹介されている。

逆を言うともう少し詳細な説明があれば、と思ったりもするが、
直接関係の無いことなので、後は自分で別の本を当たったりすれば良いだろう。

入門書としては最適。

Mike Gancarz – UNIXという考え方 その設計思想と哲学

UNIXという考え方を読んだ。

原題はThe UNIX Philosophyとなっていて、
その名の通り、UNIXの哲学がコンパクトにまとめられている。

どんな巨大なもの、自分がまだ接したことのないものにも、
必ずその起源、最初の理念、考え方が存在するはずだ。

もし、それらを知らずに表層だけの現象だけを追うと、右往左往してしまう。

一体、自分は何を相手にしているのか、
その相手がUNIXであるならば、まず読むべき本だと思う。

定理1.スモール・イズ・ビューティフル
定理2.一つのプログラムには一つのことをうまくやらせる
定理3.できるだけ早く試作を作成する
定理4.効率より移植性
定理5.数値データはASCIIフラットファイルに保存する
定理6.ソフトウェアの梃子を有効に活用する
定理7.シェルスクリプトを使うことで梃子の効果と移植性を高める
定理8.過度の対話的インタフェースを避ける
定理9.すべてのプログラムをフィルタにする

この定理を読むだけでも納得できることが多いと思う。
本書では、これらの定理から、その考え方・信念を解説する。

その他、さらなる10の考え方、などを通し、UNIX文化を紹介する。

そしてUNIXの考え方は、今日のWeb開発にも重要なヒントを多く提供してくれる。
・プロトタイプを作る
・小さく作る
・柔軟性を保つ
などなど…

ソフトウェアに完成はない。ただリリースがあるだけだ。

オススメ度★★★★

Solaris10で自宅サーバー

というわけで、Solarisをいじり始めたのだが、
とりあえず、Webサーバーを立てることにしてみた。

apacheは入っているので、DDNSを利用できるようにすることに。
※ただし、apache2はhttpd.confが無いので、
httpd.conf-exmapleをコピーするなどして作っておく必要がある。

DNS自動更新ソフトとしては、DiCEが有名だが、Windows用とLinux用しかない。
ので、perlで更新スクリプトを組んでcronで回すようにしてみることにした。

ドメインはValueDomainのサービスを利用。
GET/POSTで規定のURLを叩くとDNSを更新できる。

perlスクリプトはieServer.Netで配布されているものを参考に、
ValueDomain用に書き換えて使ってみた。

ValueDomainのほうの具体的な設定は下記が参考になる。
VALUE DOMAINで独自ドメインを使ったダイナミックDNSを使う

これで、とりあえずうまくいったようだ。

ちなみに上記のスクリプトはwgetを使用しているが、wgetが無い。
そもそも、Solarisにrpmのようなパッケージ管理システムって無いのかー、と思ったらあった。

CSW – pkg-get quick install page

とりあえず、
http://www.blastwave.org/pkg_get.pkg
をDLして、FTPで上げ、

# pkgadd -d pkg_get.pkg

でインストール。

# /opt/csw/bin/pkg-get install wget

で、ゲット。
これでgzipとかも入れておいた。

この辺のセットアップ周りは
Solaris10のセットアップ(格闘編)!
などが参考になった。

以上で、無事自宅サーバーの設置完了。
さて、何を公開するか…

関連記事:
acer Aspire M1100にSolaris10を入れてみた

関連リンク:
VALUE DOMAIN
wgetの使い方

acer Aspire M1100にSolaris10を入れてみた

acer Aspire M1100のOSを入れ替えてみることにした。

普段はRHELやFedoraなど、RPM系などを使っているので、
Debianとか入れてみようかと思ったけど、
イメージのDLにやたら時間がかかりそうだったのでやめた。

とりあえず何でもいいから入れようと思って、手元にあった
FedoraCore5を入れようとしたらドライバが無いとかでインストール続行できず。
CentOS5のCDイメージ作って入れようとしたら、
どれもディスクエラーでやる気0になったので寝た。

次に、たまたま目についたSolaris10を入れてみることに。
Solarisって商用で有料のイメージがあったけど、10から無償公開だったのね。
SPARCだけでなくx86/x64もサポート。

ってことで、DVDイメージ作って、焼いて、インストールしたら入った。
これでダメだったらVistaでも入れようかと思ったくらいだ。

導入時の問題点は2点ほど。

インストールが終わって、rootパスワード設定のところで画面が乱れた。
一応ESC+2キーで進むので、後でrootパスワードを設定しておく。

もう一つは、オンボードのLANチップが認識されなかった。
Marvell Yukon 88E8056
Marvellのサイトからドライバを探す
Product Category:PC Connectivity
Product Family:Yukon
Your Platform:Solaris 8, 9 and 10 x64 (x86もあるので間違わないよう注意)
で検索。出てきたのをダウンロードして、
pkgaddコマンドでインストール。

それでもつながらないので、いろいろ調べると、
設定したり、作成すべきファイルがいろいろありそう。

Solaris/x86 Tech&Tips–[5] ネットワーク接続の設定と変更

上記ページを参考に設定して、ようやく接続できた。
このあたり、GUIでのツールは無いらしい。

シェルもデフォルトだと/bin/sh。
さすが元商用UNIX。なんか硬派だわ・・

chshが無いのだが、
passwd -e
で初期シェル設定できる。

あー、なんか本気でUNIX/Linux勉強しないとなー(><

関連記事:
acer Aspire M1100
acer Aspire M1100にCentOS5.1を入れてみた

関連リンク:
Solaris/x86 Tech&Tips/実践Solaris10
Solaris 10をインストールしてみた – ふつうの日記
ZDNet Japan – Solaris 10で行こう!
DeepBurner(ISOが焼けるフリーのライティングソフト)

acer Aspire M1100

acerのAspire M1100を買ってみた。

主なスペックは以下の通り。

CPU:AMD Athlon64 3500+ (2.2GHz / 512KB L2キャッシュ)
メモリ:512MB (512MB×1、DDR2 667MHz SDRAM 最大8G)
HDD:80GB SATA(7,200回転)
光学ドライブ:DVD-ROM 16倍速
グラフィックス:ATI Radeon X1200 (チップセット内蔵、メインメモリから最大256MB)
オーディオ:Realtek ALC888 / 7.1ch対応

日本語USBキーボード、USBマウス等が付属。
普通に各種カードリーダー搭載。
メモリはデュアルチャネル対応。
SATAポート4つ。

なんかメインPC並のスペックなんですけど。

これで29,980円。

見た瞬間、注文完了してた。
何に使うか思いつかないうちに2日で届いた。

Acer Aspire M1100 箱

安いダンボール箱想像してたら、意外とスタイリッシュなのキター。

Acer Aspire M1100

割とコンパクト。

Acer Aspire M1100 セッティング

セッティングしてみた。
マウスパッドとかも付いてきた。
電源やHDDアクセスランプのLEDは青色。

ケース側面にメッシュ部分があって風の通りは良さそう。
駆動音は今使ってる自作のよりは静か(笑)

ちなみにOSはLinpus Linuxという、
アジア圏で勢力のあるらしいRPM系Linuxディストリビューション。

なんだか分からないが、使いにくそうなので、さっさと入れ替える予定。

XPとかVistaの入れ方、という紙も入ってた。
それぞれドライバCDが付属してる。
動作検証済みらしい。

汎用的に使えそう。
無駄に2~3台欲しい一品…

↓似たようなスペックでもっと安いの!

関連記事:
acer Aspire M1100にSolaris10を入れてみた

関連リンク:
TSUKUMOネットショップ
Linpus Web Site

Older posts

© 2017 しろログ

Theme by Anders NorenUp ↑