しろログ

日々巡り会ったものの感想・レビュー

Month: 5月 2007 (page 1 of 2)

パイレーツ・オブ・カリビアン×ワンピース

パイレーツ・オブ・カリビアンの映像でワンピース。

パイレーツ・オブ・カリビアン ワールドエンド
ONE PIECE ドットコム

夏目漱石 – それから

それから
それから
を読んだ。

三四郎に続く、三部作と呼ばれるものの二作目。

あらすじを一言で言うと、
「食うための仕事というのは、食うことが目的なんだから、
それに都合いいように仕事が左右されて、ろくな仕事はできまい」
という持論から働きもせず風流な暮らしをしていた主人公代助が、
ふとしたきっかけで、
昔好きだったにも関わらず妙な義侠心から友人に譲った女性三千代を、
今更のように我が物にしようとしたため、
友人とは絶交、家からは勘当、社会からも追放され、
いよいよ食うための職探しに出かけるというお話。

もちろん、持論と言っても、単なる口実だと思われる。
自分の労働が、自分一人を養う以上のことになるのか、
という思想。

究極的には、
食うために生きてるのか、生きるために食うのか、
それなら生きている必要はあるのかという問い。
けど、食えなくなること(死)への本能的な恐れ。

そして、あらゆる問題がここに還元されてしまう。

人には多かれ少なかれ、そういう所があるはず。
ふと「俺、何やってんだろ」みたいな時。
それでも、大抵は(例え欺瞞でも)それなりの出口を見つけてやってく。

ところが、学のある代助の高尚な思想は欺瞞にも耐えられず、
しかも親に財産があったため、ひたすらモラトリアムが続く。

自分を欺くことを潔しとしない代助は、
心の赴くところに従い、人の掟にそむく。
(要するに、友人の妻を奪うわけで、当時は法にも触れんばかりの行為)

三千代以外には、父も兄も社会も人間も悉く敵であった。

こうして今や、三千代が生きる意味となり、
次の言葉で代助のモラトリアムも終わる。

「ああ動く。世の中が動く」

オススメ度★★★

関連記事:
夏目漱石 – 三四郎

そろそろ3Dでもやるか

使ったのはPapervision3D

以前、DirectXで少しやったけど、やめてた。
でもFlashで飾り程度に使えるとまあ、いいかもってことで、少しやってみた。
基本的にサンプルのHelloWorldをいじってみる。

ちなみにfcwrapとかでやってる人は、
srcの中のcomとorgフォルダをflex_sdk_2のframeworks/source
の中に置けばOK。

とりあえず、どべっとソース。
[Embed]してるのはテクスチャ。

package
{
import flash.display.*;
import flash.events.*;

import org.papervision3d.scenes.*;
import org.papervision3d.cameras.*;
import org.papervision3d.objects.*;
import org.papervision3d.materials.*;

public class main extends Sprite
{
private var container :Sprite;
private var scene     :Scene3D;
private var camera    :Camera3D;
private var sphere    :Sphere;
private var cylinder  :Cylinder;
private var plane     :DisplayObject3D;

[Embed(source='wood.jpg')] private var TexWood:Class;

public function main()
{
init3D();
addEventListener( Event.ENTER_FRAME, loop3D );
}

private function init3D():void
{
container = new Sprite();
addChild( container );
container.x = 200;
container.y = 200;

scene = new Scene3D( container );

camera = new Camera3D();
camera.sort = false;

addSphere();
addCylinder();
addPlane();
}

private function addSphere():void
{
var tx:BitmapMaterial =
new BitmapMaterial((new TexWood).bitmapData);

sphere = new Sphere(null, 400);
sphere.z = 0;
sphere.rotationX = 30;
scene.addChild( sphere );
}

private function addCylinder():void
{
var tx:BitmapMaterial =
new BitmapMaterial((new TexWood).bitmapData);

cylinder = new Cylinder(tx, 800);
cylinder.z = 0;
scene.addChild( cylinder );
}

private function addPlane():void
{
plane = new Plane(null, 3200, 2400);
plane.z = 0;
scene.addChild( plane );
}

private var i:uint = 0;
private function loop3D(event:Event):void
{
camera.hover(0, Math.cos(i * Math.PI/180),
Math.sin(i * Math.PI/180));
sphere.yaw( 10* Math.sin(i * Math.PI/180) );
i+=4;
scene.renderCamera( camera );
}
}
}

その結果がこれ。

ソース追ってけば、大体分かってしまうほど、お手軽。
3Dシーンと、カメラを用意して、3Dシーンにプリミティブ作ってaddChildし、
ENTER_FRAMEごとにloopでrenderさせるだけ。

でも、オブジェクトが同じ位置にある時の描画が変・・
camera.sort = false
にしておくと、置いた順でZ位置を決定するっぽいので、
チラついたりしないようだけど。

うーん、3Dやるには、
三次元脳にしないといけないから疲れるな~。

村井弦斎 – 食道楽 夏の巻

食道楽 夏の巻
食道楽 夏の巻を読んだ。

随所に中川の持論が展開される。

お登和さんの元へ料理修行に来ている
子爵の娘、玉江さんが縁となり、子爵の家に招かれた。

自慢の邸宅を見学するという時に、
中川は、まず家の中心点を見せてくれと言い、
子爵が中心点とはどこかと聞くと、
一家の者が毎日口にする料理を作る場所、台所だと言う。

多くの貴族の例にもれず、
お客用の部屋、庭、自身の風流生活にはお金をかけるが、
台所はと言うと、最も低予算、という造りのお屋敷。

滅多に使わない客間や庭は立派なのに、
人の基礎たる食べ物を扱う場所が粗末なのはこれいかに、
という中川の指摘に自分の愚を知り、ただちに食を見直す決意の子爵。

そして、遂には、中川のような人が家庭を幸福にできる男ぞ、と思い、
「中川さんに、女はどういう夫を持てば幸せか聞いてみなさい」
と玉江嬢に言う。

もちろん、玉江さんもそれがどういう意味かを悟る。

「だつても爾んな事は」
と顔紅らめて横を向くに涼風一陣、庭より桂香を送り来る。

いいじゃないですか。

関連記事:
食道楽 春の巻

村井弦斎 – 食道楽 春の巻

食道楽 春の巻
食道楽 春の巻を読んだ。

明治時代の料理小説。
今読んでるのは復刻版だけど、仮名使いはたぶん当時のもの。
これがまた独特の味わいがある。

小説なんだけれども、実用的な家庭料理の教えが光る。
当時は上流社会でも嫁入り道具の一つになっていたほど、定評のあるものだったらしい。

確かに、料理にあまり興味の無い僕も何故かおもしろく読める。

単に料理Tipsに留まらず、家庭料理の精神も説いていて、
「食道楽」という表題ではあるが、
一般的な道楽を批判する意味がこめられているように思う。

また、基本は料理の話題だが、
小説、啓蒙書としてもなかなかのもので、そちらの展開も目が離せない。

エセ風流が国を滅ぼすという、風流亡国論、
感情的な判断もまた国を滅ぼすという、感情亡国論、
上辺だけではない、心の礼
というような主張を、各登場人物を通して展開させる。

新たな文明を人間らしい理性で切り開いていこうという、
当時の人が新しい時代の風を感じていたこと、
そういう雰囲気がよく伝わってくる。

多くの名作がそうであるように、この作品も普遍性を持っている。
100年も前に書かれたものなのに、
「これ今の時代にもあてはまるな」
というもの。

こういう本がごく一部の人にしか読まれないというのは残念だと思う。

大原「(略)そんなに料理の秘伝を人に教えては何処からかお小言が来ませんか」
お登和「(略)秘伝秘伝と云って隠すのは狭い心、(略)こういう事はお互いに教え合って我邦(くに)の料理法を進歩させるのが人の道ではありませんか」
(略)
野蛮の世には何事も秘伝多し、秘伝は文明の大禁物。

これ、オープンソースとかに触れている人はすごく実感できるんじゃないかと。
当たり前のことなんだけど、この時代にズバリ言っちゃうのもすごいな。

もう一つの見所は、やはり大原とお登和さんの関係。

大食漢の大原は、器量よし料理よしのお登和さんに一目ぼれ。
最初は気味悪がってたお登和も、大原が誠に心の礼というものを知っている
数少ない、誠実な人だと知ると、だんだんと心惹かれ始める。

友人らの助力もあって、いよいよ結婚かという時に、
親が決めた結婚相手、それも田舎育ちの大女がやってきて・・

という展開。

まとめると・・・
冷蔵庫とかそういう便利なものが無かった時代の話なので、
料理法などはだいぶ変わった所があると思うけど、
・家庭料理の精神
・新時代への啓蒙
・大原とお登和の物語

これで十分価値のある、1粒で3度おいしい、みたいな、
とにかくオススメなわけです。

オススメ度★★★★★

関連記事:
食道楽 夏の巻

Older posts

© 2017 しろログ

Theme by Anders NorenUp ↑