しろログ

日々巡り会ったものの感想・レビュー

Month: 10月 2006 (page 1 of 4)

貸し借りサイト Prosper.com

お金を借りたい人と、貸したい人を結ぶサービス。

TechCrunch – Prosper.com、火曜にマイルストーン達成より。

借りたい人が申し出ると、融資したい人は自分の望むレートで融資を申しだせる。
で、申し出のうち、借り手に有利な条件のものをProsperが取りまとめて融資、という感じらしい。

これなら灰色金利も無くて良いかもしれない。

サイトを見ると借りる人はいろいろとローンの目的など書いてアピールするようです。
今月使いすぎて厳しいので、とかはダメでしょうね(笑

そういった信用問題とかを解決する工夫がいろいろとある模様。

Prosper.com

グラディウスV

グラディウスV
グラディウスV

log::dual – シューティングゲームの歴史で紹介されていた、フランスで制作されたドキュメンタリーを見ていて、気がついたらグラディウスVをプレイしていました。

そんなにシューティングやってたわけではないのですが、なんとなく。

ちなみに僕が初めてやったシューティングはディーヴァ。
あれシューティングだっけか。アクション?まあいいや。

ファミコン買ってもらって最初のソフトがマリオとディーヴァ・・・。
マリオはいいけど、ディーヴァってどうなんだろう。子供にはちょっと難しいような。
無駄に宇宙を飛び回ってた気がする。

この画面が懐かしい!

TOSHIBA EMIだって。
そういや、音楽には朝倉大介が絡んでいたらしいですね。
へー、7つの機種で7つのストーリーが・・

バトルのときの戦艦のドット絵がカッコイイんですよ。
あー、なんか眺めてたらやりたくなってきたぞ!ディーヴァ。

→そんなあなたにディーヴァ・クロニクル(DAIVA CHRONICLE)

あ、グラディウスから逸れてしまいましたね。

えーと、とりあえず、良くも悪くもファミコン時代とほとんど変わらないのに驚きました。
ところどころ3Dで雰囲気出しますが、基本2D横スクロール。
まあ、それがグラディウスなわけで・・
操作も単純。十字キー+ボタン3つくらいで遊べる。

ゲームはハードです。
いや、ゲームがハードなのではなく、自分がヌルくなっていたようです。
自分でも気づかないくらいヌルゲーに浸かっていたんだなぁ、と実感させられます。
(いや、そんなにゲームしてたわけじゃないですけど)

まあ設定とかは、いろいろ易しめなのがあります。

それでも進めないわけですが。

長門有希と格闘する方法

このビデオのためだけに、格闘ゲーム風なアニメーション作ったのかな、とか思っていたのですが、他にもあるようで、どうなってるのかな、と思ったらそういうツールがあったようです。

今は無きエレクバイトという所が開発したMUGENという格闘ツールで、
みんなが作ったキャラを登録してストリートファイトができるというモノ。

長門有希と(で)対戦したい方は、以下参照。
1.MUGEN – Windows版のダウンロード(上のやつ)
2.長門有希キャラデータをダウンロード(ページ最下部から)
3.MUGENの使い方に従って、設定。下記2ページでOK。
 a.起動するまで
 b.キャラの登録
 (本体のcharsフォルダにDLしたnagatoフォルダをフォルダごと移動して、キャラ設定のところ(説明ではnakoruruのとこ)でnagatoと書けばOKです)
4.戦う。

今更だけどこのシステム、かなり2.0な感じじゃない?

関連リンク:
Heaven or Utopia:ハルヒのステージデータなど

関連記事:
涼宮ハルヒの憂鬱 全14話 on YouTube
長門Hacks

渡辺淳一 – 光と影

光と影
光と影
を読んだ。

実在の人物、寺?正毅をモデルに据えた本タイトルの短編、他3編。

渡辺氏は外科医ですが、作家となった外科医は珍しいそうで、
多くは、内科、精神科等の出身だそうです。

いずれも医学に関わる内容ですが、
どれも読みやすく、面白いと思います。

ただ、さもありなん、という感じが強すぎてちょっと物足りない気がしました。
どれも素直に理解・共感できるだけに、自分で考える余地が少なかったせいかもしれません。

オススメ度★★★

箱庭ノベルズII ver0.50

作成から半年ばかり経ちました。
箱庭ノベルズII ver0.50です。

画像ロードを安定させました。
ストレージをAmazon S3にしてから、
画像ロードにほんの少し微妙に時間がかかるようになり、
フェードインするハズが、パッと出たりしてかっこ悪かったので、対策しました。

具体的には、imgタグにonLoadイベント(+onErrorイベント)をはっつけました。
ちなみにこのイベントはブラウザ間で差があるらしいです。

まあ箱庭ノベルズはIEとFirefoxだけなんですけど。
一応、prototype.jsのEvent.observeで実装。
IMG要素をcreateElementで作成し、各属性やonLoadイベントを付けて、appendChild。
で、最後にsrcを指定します。

でないと、onLoad指定する前にロードが完了してしまうことがあるらしいからです。

でもなんか気持ち悪いな・・

っていうか、この実装合ってるのかな・・

Event.observeで思い出したけど、4つ目の引数、
useCaptureの意味をよく忘れるので、メモ。

ここの説明が分かりやすい。
とみぞーノート:JavaScript addEventListener()

要するに普通、DOM構造の最下層から上ってくるとき(バブリングフェーズ)にイベントを呼び出すけど、useCaptureをtrueにしておくと、DOM構造を下って行くとき(キャプチャーフェーズ)に呼び出すよ、ということですかね。

click

これで、clickをクリックすると、buz→fooで呼ばれるのが、
divでuseCapture指定すると、
foo→buzで呼ばれるんだね。

Older posts

© 2017 しろログ

Theme by Anders NorenUp ↑