しろログ

日々巡り会ったものの感想・レビュー

Month: 4月 2006 (page 2 of 2)

ついに箱庭ノベルズに作品が

沢山の方に登録して頂いていたものの、長い間、作品が公開されていなかった
箱庭ノベルズですが、ついに初のユーザー作品が公開されました。

hakoniwanovel.jpg
ようかんを食べたかった(音アリ)

2chキャラをモチーフにした短編アドベンチャーです。
2chキャラを知っている方向けですが、ツールを作った自分でも、
こんな使い方できるんか・・とか思ったりしました。
いい出来です。

※WinXP + IE + Flash6? 専用です。申し訳ない。

ブログノススメ

私がブログを書く理由とか、「ブログノススメ」みたいのを書こうかなと思いながらキッカケが無かったのですが、
中島さんがブログを書く理由を書いていましたので、
ここらで整理して書いてみようと思います。

中島さんの記事では、梅田卓夫さんの本から
1. 自分にしか書けないことを
2. だれにでもわかるように書く
が引用されています。

これは「よい文章」の条件とのことですが、これらがすなわち充実感につながり、楽しいことであるから、ブログを書くというわけです。

この二つが両立している所には価値が生まれます。
実際中島さんのブログは、そのようなブログとなっていますが、これはなかなか難しいものです。

大抵は、
1. だれにでも書けることを
2. だれにでもわかるように書いている
とか、
1. 自分にしか書けないことを
2. だれにもわからないように書いている
とか、
1. だれにでも書けることを
2. だれにもわからないように書いている
などのパターンに陥ってしまいがちのような気もします。
私の場合も、2番目3番目のパターンがかなり多いと思います。

しかし、それが全く無意味かというと、そうではないと思っています。
私がブログを書く理由はここにあるのですが、
それは
「自分の頭の中にINPUTされた事柄を、自分なりのフィルターを通してOUTPUTしてみるため」
です。

重要なのは、OUTPUTする訓練ができるということです。

# 訓練なんていうと、疲れそうなので、
# そこは「遊び」とか「ゲーム」などに置き換えてもいいかもしれません。

そのOUTPUTが、他の人に理解してもらえれば、それは充実感につながります。

個人の日記でも、その訓練はできますが、
ブログは他人の目に触れるという特徴があります。

その特徴をどう生かせるかは、人それぞれだと思いますが、例えば
・人に理解してもらえるようなOUTPUTを意識できるようになる
・人からのコメントで、新たな発見ができるようになる
・やる気が持続する
などがあります。

そのようにして出たOUTPUTは再び自分のフィルターを進化させたり、変化させたりして、
あらゆるINPUTに対して、より高いレベルのOUTPUTを作り出せるように思います。

自分で何か作りたいというクリエティブな方には、ブログはオススメです。
もちろん、文章でなくても、何か作品を作って写真でアップする、とか
音楽や朗読を録音してアップするというのもOUTPUTですから、
もしブログを始められる環境があるのであれば、やってみて損は無いと思います。

吉岡洋 – 「思想」の現在形―複雑系・電脳空間・アフォーダンス

「思想」の現在形を読んだ。

現代の、知識・情報の流れと、その根底にある言語にまつわることが、哲学的視点から書かれています。

本書は「知識の異なった分野間にリンクを張ること」が目的となっており、一つの論を展開するわけではありませんが、その分全体を網羅したような感じになっています。

最初に言っておくと、万人向けのものではないですが、かなりオススメです。
哲学系+Web系な人にはピッタリで、ぜひ読んで欲しいと思います。
小さな段落で小分けされているので、読みやすくなっています。

97年に書かれた本ですが、インターネットの本質を突いていて、今の状況を当てはめながら読んでも違和感ありません。

インターネットの本質というか、そもそも言語の本質的な部分をインターネットが突いているのか・・

ともかく、インターネット・webの出現というのは、知識と情報の在り方にとって革命的であることは間違いありません。
(なんて言葉は何年も前からありますが、それが確かにそうだと思えるようになります)

Web以前は、知識を得るとしたら、師匠の教えか、書物しかありませんでした。
知識は完全に限定されており、個々人にとっては圧倒的に不足状態だったのです。

しかし、Webの登場によって、情報の流通量は爆発的に増加しました。

人類はいまだかつて経験したことのない「情報過多」の世界に生きることになったのです。

インターネットをある程度利用している方は分かるかもしれませんが、今Webはどこか混沌としたところがあります。
それは情報過多という未曾有の事態に、様々な人が様々な方法でアプローチしている結果です。

何せ人類史上初めてのことですから、定石が無いのです。

■対象から環境へ

黎明期からちょっと前までは、webサイトは電子ポスターみたいな感じがありました。
企業も個人も、自分のことを書いたポスターを貼り付けていたイメージです。

ポスター(ホームページ)があって、閲覧者がそれを見るという図式です。

が、そろそろそういう使い方は終わりを見せ始めています。
最近よく言われるweb2.0に代表される概念が良い例ですが、
2.0というのは、対象だったwebが環境としてのwebになることなのかなと思います。

うーん…「なる」というのは曖昧ですね。

webは何も変わっていません。10年たってもHTTPで通信し、HTMLなどでマークアップされた文書を流し続けています。

2.0はwebそのものの変化ではなく、認識の変化です。

今までは、webという世界に対し、使う側としての自分が切り離されて考えられていました。

それが「web」と「webを使うという行為」は切り離せなくなってきた。

例えば、Googleで検索することは、もはや単に文書を探すことではありません。
検索された語はフィードバックとしてGoogleに蓄積されます。
蓄積されたデータは別の誰かが検索を利用する時に利用されます。

使う本人にその自覚は無くても、その人は確実に「環境」の一部になっています。

このことに気がついている人は既に沢山いるはずです。

そのような人が作ったサービスが、「環境」に馴染んだ人にとっては面白く、
そうでない人にとっては、よく分からないものとなるのは、必然かもしれません。

それは良いとか悪いとかいう話とは別の、認識の違いです。

オススメ度★★★★

Newer posts

© 2018 しろログ

Theme by Anders NorenUp ↑