しろログ

日々巡り会ったものの感想・レビュー

Category: 音楽 (page 2 of 6)

TIMEDOMAIN light

タイムドメイン理論で有名なスピーカー、TIMEDOMAIN lightを買ってみた。
CDラジカセが壊れて、まともなスピーカーが無かったので・・

この理論を採用したタイムドメイン社のスピーカーが、ビル・ゲイツをして「自宅の7000万円のオーディオシステムより良い」と言わしめたという逸話は有名。

開発者である由井啓之さんの記事

どんな仕組みを採用しても、聴いた時につまらなければそれまでなので、あまり理論や、値段や、口コミに踊らされないほうが良いとは思うけど(笑

でも、さすがに間に合わせのスピーカーよりははるかに良く鳴ってくれた。
家族で聴いたところ、以前から聴いているCDなのに「これ誰のCD?」と聞かれてしまうくらいには変化があった。

小さい割に定位・音像がはっきりしている感じ。
こんなに小さいのにどこからこれほど立体的な音が・・みたいな。

もちろん低音の迫力といったものは無いので、そういうのが好きな人にはオススメできない。
加工された音より、アコースティック系をよく聴く人におすすめかも。
あと、けっこう音源を選ぶかもしれない。しょぼい音源だとそれなり、みたいな。

エージングすると変わるっていう話もあるようなので、しばらく使い込んでみて、という感じですかね。

ちなみにスピーカー全般に言えることだけど、あまりボリューム絞るとあんまり変わらなくなるので、普段から小さめの音でしか聴かない場合には、こんなに高いの買わなくても良いと思う。

卓上で鳴らすなら、自分も持ってるものだと、ソニーのアクティブスピーカーシステムSRS-M50なんかが安いうえにびっくりするくらい低音なんかも出て、重宝してる。

FERNANDES ZO-3芸達者 09 2SB

たぶん10年ぶりくらいに新品のギター買った。
やっぱ新しいギターはいいね。

手ごろで場所取らないギター欲しいな、と思ってて、やっぱZO-3かな、という感じ。
ZO-3もいわゆるミニギターだと思ってたけど、調べてみたらネックはショートスケールの609mmで、それなら普段使ってるFender JのSTS-55と変わらないじゃん、と思って購入決定。

ミニギターだと本当にネックとか短くておもちゃっぽい感じだけど、これなら大丈夫。(自分にとっては)

アームはあまり使わないけど、有るにこしたこと無いので、フロイドローズの芸達者にしてみた。
ロック式じゃないからやっぱチューニングに気を使わないといけないけど、普通に使える。

音は、まあ、普通のミニアンプ並。
ディストーションモードとかもあるけど、ピックアップが近いだけに歪ませようとしてもハウリング起こすとかで限界あるみたい。
ま、つまびく程度なので気にしないけど。

チューナーも買ってみた。ギターヘッドに挟むだけのクリップタイプ。
安いうえに便利すぎる。10年前に欲しかったよ。

COWON – iAUDIO 9

iAUDIO 9

韓国メーカーCOWONの多機能携帯音楽プレーヤーiAUDIO 9を買ってみた。

iPodは同期の問題とかあって簡単に音楽追加できなかったりするので、
iTunesやXアプリ等の転送ソフトを使わないMP3プレイヤーが欲しかったのが最大動機。
とりあえずアジア系メーカーは転送ソフト不要が多いらしい。

要するに、接続するとUSBメモリドライブとして認識されるので、
そこに適当にMP3ファイルをコピーするだけで、それを再生できるようになるもの。
(ファイル選択メニューがエクスプローラー風な感じになってる。もちろんサブフォルダOK)

聴きたいものを放り込むだけでOKなのでかなり楽。
個人的にはこれで満足なのですが、1週間使ってみたうえでのレビュー。

■メリット
・転送ソフト不要!ドライバ不要。
・音質がかなりいい。エコライザ・エフェクト系も出来が良く、利き具合もしっかりしてる。
 ソニーのNW-S644Kと聞き比べたけど遜色無いと思う。
 個人的にはiAUDIO 9のほうが個々の音の輪郭がはっきりしているように感じた。
・ラジオ付き。入れた音楽に飽きた時とか、意外に便利。
・軽い(40g)。長持ち(29時間)

■どっちでもいいけど
・動画再生とかドキュメント表示、FLASH再生とかある。
・UIがちょっと変わってる。
・スピーカー付いてる。大したものじゃないけど。
・マイク・ラジオ録音可。
・ユーザーフォント使用可能(笑)

■デメリット
・USB接続(充電)中は操作不可。
・音量ボタンはもう少し上が良かった。反対側のボタンを同時に押しそう。

全体として、余計な装備もあるけど、コストパフォーマンスが良い。
iTunes等での管理にこだわっていなければ、選択肢に入れて良い製品だと思う。

関連リンク:
COWON iAUDIO 9 製品紹介

日立マクセル MXSP-1100

BOSEのCDプレイヤーはそのサイズのわりに低音がしっかり出て良いのだが、
気密性の高い部屋では逆に低音ばかりが響いたりする。

なので、あえて低音が響かなそうな安めのを探して、買ってみた。

4th~classic, mini, nano 1st~4th, touch 1st~2nd
と、割と広い世代のiPodに対応。充電OK。
φ3.5mmステレオミニジャックの入力も付いている。

音質は期待通り低音控えめ。
ズンズンするのが欲しい人にはおすすめできない。

1時間後に電源OFFになるスリープ機能もあるけど、
この機能をONにすると無駄にLEDが点滅するのが残念。
(寝るときに使おうと思っても、点滅が気になる)

ただ、最低限の機能でシンプルに、という構造には満足。使い勝手良し。

関連リンク:
iPodR対応アクティブスピーカー MXSP-1100
取扱説明書の閲覧が可能

Rodrigo Y Gabriela – ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ

アコースティックギター二人組のラテン系。

ラジオでかかったこの曲を聞いてCD買ってみた。

ロドリーゴとガブリエーラはメキシコ出身で、
元々スラッシュメタルバンドからスタートしたということで、その影響が
明らかにディストーションサウンドにつながっていきそうな構成とか、
HR/HMに通じる音使いとか、たぶんそんな所に表れてる。

「フラメンコの要素は入っているけれど、構造はあきらかにロック寄り」(ロドリーゴ)

「ロックのカヴァーは、伝統音楽と思われたくないという意思表示」(ガブリエーラ)

即興が無く、練りこまれた印象的なフレーズが多いので、
なんとなく飽きるんじゃないかとも思うけど、決して悪くない作品。
CD聴けば聴くほど、ライブが凄いんだろうな、と思う。

オススメ度★★★

関連リンク:
RODRIGO Y GABRIELA – bounce.com インタビュー

Older posts Newer posts

© 2018 しろログ

Theme by Anders NorenUp ↑