しろログ

日々巡り会ったものの感想・レビュー

Category: ゲーム (page 1 of 10)

人喰いの大鷲トリコ

このブログの古い記事を引っ張り出してみよう・・
ICO
ワンダと巨像

諸君、あれから10年が経ったのだ!

満を持して新作の登場・・
過去記事の通り、ICOとワンダは大好きなのだけれども、トリコのトレーラーを見るに、さほど期待はしていなかった。
これはICOとワンダの単なる延長でしかない、と。

それでも購入してみたのは、先日PS4 proを買ったものの、なんとなく持て余してて、適当なソフトを探してたからにすぎない。

そして、プレイしてみた結果、やはり単なる延長的存在であった。

質が低いわけではない。
シリーズ最新作の名に恥じない、非常に完成度の高いものと言える。
風景描写はもちろん、トリコのAIなどは、こちらの意図が無理なく伝わるように見えることに驚く。

しかし、それだけである。

ICOやワンダをプレイしたことのない方にはオススメできる。(ただ機会があればICOかワンダをオススメしたい)
また、なんでもいいからあの雰囲気に浸っていたい、という方にもオススメだ。

徹底して一つの世界、一つの物語を作り上げている。
そういう「作品」として見るべきなのだろう。

元々の個人的な性分だと思うけれど、歳のせいも加わって、最近「以前見たもの、以前やったもの」に対する飽きが尋常でない。
トリコも同じで、これはICOで見たし、ワンダでやったのだ。
もういい。

無料体験版であったなら、本編は買わないだろう。
でも買ってしまったからやる・・
(幸か不幸か、大したボリュームではないのだ。適当にやっても4〜5日で終わってしまうだろう)

そう思ってるせいか、プレイ中もイラっとするところがある。

とにかく操作性が悪い。
少年の動きは微に入り細に入り、よくできているのだけれど、それらを正確にモーションするために、思ってる動作にすぐ入らないことがある。
また、基本的にやたら高所で足場の悪いシーン、狭いシーンが多いため、スムーズな移動ができず、すぐ淵に接触してフラついたり、唐突に物に体当たりしてよろけたりする。
(そのたびにヒヤッとさせられ、しまいには落ちるなら落ちろ、という心の荒み具合に!)

他にも、カメラワークがー、とか、トリコの動きがー、とかあるけど、それらはまあ操作性に比べたら些細なこととしておきたい。

いや、操作性にしたって、この世界をしっかり満喫するつもりで、のんびりプレイすれば大して気にならないだろうとは思う。

うん。要するに、もう飽きてしまった。それだけのことだ。

「コントラスト」で考えるゲームデザイン・レベルデザイン

いろいろ応用できそうな考え方。

艦これ2015 夏イベントE7

丙提督!甲茶が飲みたいネ!

というわけで、丙クリアしたので2013秋イベE5以来の覚書。
そう、まだ艦これをやっていたのです・・

久しぶりに鬼のような難易度だったのでメモ。

XYマスで複数回S勝利するとボスの装甲値が下がるので、そこからゲージ削りを開始する、という聞いただけでも面倒そうなステージ。
しかもXYのギミックは午前0時でリセットされるという時限装置付き。

ただ、固定でXY行けたうえ、さほど苦もなく姫たちを撃破できたので、気分良く削り編成に変えた結果、羅針盤に振り回されるという目に・・

羅針盤に振り回されたのは久しぶりだなぁ、と思いつつ、これがまたストレスなので、多少戦力を犠牲にしてでも、間違いなくボスを目指せる編成で行こうということで、以下の編成。

第一艦隊
あきつ丸改Lv65(烈風 烈風 艦隊司令部施設)
大和改Lv98(51cm 46cm 零式観測機 一式徹甲弾)
武蔵改Lv98(51cm 46cm 零式観測機 九一式徹甲弾)
大鳳改Lv98(江草 烈風改 烈風 彩雲)
瑞鶴改Lv95(烈風601 流星601 村田 熟練整備士)
翔鶴改Lv95(烈風601 流星601 友永 熟練整備士)

第二艦隊
阿武隈改二Lv80(20.3cm(2号)*2 甲標的)
秋月改Lv82(10cm連装高角砲+高射装置*2 13号対空電探改)
プリンツ改Lv93(SKC34 20.3cm*2 零式観測機 FuMO25レーダー)
ビスマルク drei Lv98(38cm改*2 夜偵 九一式徹甲弾)
羽黒改二Lv87(20.3cm(2号)*2 零式観測機 FuMO25レーダー)
雪風改Lv92(53cm艦首(酸素)魚雷 五連装(酸素)魚雷 三式水中探信儀)+増設(女神)

道中支援
伊勢88・日向88・飛龍92・蒼龍92・島風92・叢雲72

決戦支援
長門98・陸奥98・扶桑97・山城97・夕立88・綾波83

で、XYを撃滅しつつ、そのままボスまで、というルートで最後までやりました。
三式弾なんていらんかったんや。

フラヲと戦うのと違って、制空値低めでも結構、優勢・確保できるので、艦攻、艦爆など多めに積めるのが大きい。
あと、あきつ丸はこの装備でも地味に殴れるので、割合ダメとはいえ、ちょっと気が楽。

ちなみに全隻キラ付きです・・

昼前からダラダラやってギリギリ23時半くらいに終了。
もういろいろ面倒になって、溜め込んだ間宮・伊良湖を投入し、増設改修に女神を投げ込んで突撃です。

最終的にこのイベントの消費資源は
燃料62k、弾薬58k、鉄52k、ボーキ23k、バケツ280、ダメコン1
今回は結構削られたなー。瑞穂と海風掘れてないし。

なんでもいいけど、なぜ今回時限リセットが復活したかは謎。
時限モノは張り付きを強要されるからやめろとあれほど・・

ドラゴンクエストヒーローズ

ドラゴンクエストヒーローズをプレイしてみました。
良作です。

ドラクエの世界観+無双系というゲーム。
堀井さんの監督・指導のもと、アクションが苦手な方にも相当配慮されています。

ドラクエ世代と言えば、もう3~40代なんじゃないかと思いますが、ゲーム操作の腕に自信がなくなってきた or 操作を覚えるのが面倒という方でも問題無いと思います。
基本的にはボタンの連打で済みます。
(もちろん細かいコマンド入力ができるオプションもあります)

プレイを開始してすぐ
「ああ、あのころ僕らはこういうふうに戦ってたんだ・・」
という感慨に浸りました。

モンスターデザインから音楽まで当時と同じなんですよね。

真っ黒背景の中、ドット絵のモンスターと戦っていたファミコン少年が、頭の中で描いていたであろう世界、それがここにはありました。

基本的に本作が初出というモンスター・音楽が無いので、もうひたすら思い出に浸るだけなんですよね。
改めてモンスターデザインと音楽の力がいかに大きなものかということを再認識しました。
いっそ、歴代DQのストーリーをなぞるようなシナリオがあったらプレイしてみたいですね。

ちなみに自分はドラクエストライク世代なので、正直、初見プレイヤーがどのような感想を持たれるのかは想像できません。
ただ、同世代のドラクエ好きなら買いでOK。
今すぐあのころに戻りましょう。

なお早くも続編の制作が決定しているようです。楽しみですね。

関連サイト:
ドラゴンクエストヒーローズ公式サイト

Ingress

最近Ingressで遊びまくってましたので、その感想とか。

Ingressは世界規模でプレイされている陣取りゲームです。
Android、またはiOSのアプリで無料でプレイできます。
ゲームの具体的な内容は、世界中にちらばってるポータルというポイントを巡り、そのポータル同士をリンクして三角形の陣地を作っていくというものです。

そのポータルというのが、実在する建物などに設定されているのが面白いところで、地元でも知らない場所、知らなかったポイントを発見できるという楽しみもあります。

今までなんとなく自転車乗るのが趣味でしたが、ポータルを目標にすることで、目的を持って自転車に乗ることができるようになりました。

しかしまあ、熱中するあまり、陣地を取るためだけに出かけたりして、ものスゴイ時間と体力を消費するっていうことにもなりました。

この、ひたすら時間を取られる、というのと、新たな街の一面を知れる、ということのバランスで評価は変わってきそうです。
ゲームとしてはレベルデザインがとても良くできているんじゃないかと思います。
世界観や、陣取り・コレクションという要素は、どちらかというと男性が好きな気がします。

陣取りゲームとはいえ、割と簡単に取ったり取られたりするので、ガチなバトルという感じではない印象。
(もちろんガチでやろうと思えばできるし、そういう人もいるようですが)

割と「Ingressの楽しみ方は自分自身で見つけましょう」みたいな紹介も多いですが、確かにそんな感じかもですね。
とにかく、これをプレイした先に何があるのか、というと大して何もないので。。

実際のプレイでは、最初、気が向いたらハックしてるくらいだったのが、レベルが上がるにつれてはまりまくって、最大で平日2?3時間、休日4?5時間程度費やして、約50日でLv8になりました。
長押しHackと長押しFireは早めに覚えておけば良かった・・
って感じです。

ここから先はまた気が向いたらやる、程度にしたいかなぁ・・

Older posts

© 2017 しろログ

Theme by Anders NorenUp ↑