プラダを着た悪魔を見た。

ストーリー的には「よくあるパターン」ではある。
が、言われてみればよくあるパターンだったな、
と後で気付いたくらい、すっかり引き込まれた作品。

王道パターンって難しいけどうまく表現できれば、
最高の作品に仕上がると思う。

シーンの緩急の付け方(テンポ)と、正確な人物描写が良い。
なんでもない基本的なところだけど、いざ実現するのは難しい。
逆に実現できていれば、それだけで面白い作品になるんだと思う。

作りとして、「問題発生&その解決」の連続というのは
結構目が離せなくなるポイントだと思った。

上司からの無理難題をいかに処理するか、というシーンが目につくが、
この辺、社会人であればつい、自分だったらどうするか、
なんて考えたりするんじゃないかと思う(笑

内容的に目が離せないところへ、ファッションショー並に
目まぐるしく衣装を変えたアン・ハサウェイが登場するのだから、
これはもう最初から最後まで飽きることが無い、というわけだ。

ファッションに特に興味の無い自分が見て面白いと思うのだからすごい。
というかファッションの映画だと思ってたけど、そうじゃなかった。

これはおすすめです。

オススメ度★★★★

関連リンク:
公式サイト