マリー・アントワネットを見た。

マリーがフランスに入るところから、ベルサイユを脱走するところまでの内容。

気になってたんで期待してたけど、微妙。
今に面白くなるに違いない、そろそろ面白くなるだろう、いよいよ……
と思ってたら終わった。

スタイリッシュな演出をするとマリーの人生が描きづらく、
マリーを描くとスタイリッシュさが出せないという、ジレンマに落ちいっていて、
結局それが最後まで解消されてなかったと思う。

なので、ワンシーンとして良いところはいくつかあったけど、全体として見ると、
単調かつ冗長で眠くなる、という結果になっているように思った。

ベルばらとかでちょっとした予備知識があったからいいようなものの、
それすら無いと余計意味不明だったと思う。

あまりおすすめできない作品。

関連リンク:
公式サイト