バイバイ、エンジェルを読んだ。

矢吹駆シリーズ第一弾。
パリを舞台にしたミステリー。

物事に、唯ひとつの論理的な説明というものは無く、
作ろうと思えば、いくつでも論理的な説明ができてしまう。

そこで、数多くの正しい推論から、
唯一の真実へと至るために、現象学的な観点から物事を俯瞰する。

そんな、哲学ミステリー。
やっぱり、カケルの哲学談義がいいね。

哲学者の密室を読んでいたので、特に新鮮な感動はなかったけど、十分楽しめた。

「できるだけ簡単な生活をする」

それを目指したいんだけど(><

オススメ度★★★

関連記事:
笠井潔 – 哲学者の密室