acer Aspire M1100のOSを入れ替えてみることにした。

普段はRHELやFedoraなど、RPM系などを使っているので、
Debianとか入れてみようかと思ったけど、
イメージのDLにやたら時間がかかりそうだったのでやめた。

とりあえず何でもいいから入れようと思って、手元にあった
FedoraCore5を入れようとしたらドライバが無いとかでインストール続行できず。
CentOS5のCDイメージ作って入れようとしたら、
どれもディスクエラーでやる気0になったので寝た。

次に、たまたま目についたSolaris10を入れてみることに。
Solarisって商用で有料のイメージがあったけど、10から無償公開だったのね。
SPARCだけでなくx86/x64もサポート。

ってことで、DVDイメージ作って、焼いて、インストールしたら入った。
これでダメだったらVistaでも入れようかと思ったくらいだ。

導入時の問題点は2点ほど。

インストールが終わって、rootパスワード設定のところで画面が乱れた。
一応ESC+2キーで進むので、後でrootパスワードを設定しておく。

もう一つは、オンボードのLANチップが認識されなかった。
Marvell Yukon 88E8056
Marvellのサイトからドライバを探す
Product Category:PC Connectivity
Product Family:Yukon
Your Platform:Solaris 8, 9 and 10 x64 (x86もあるので間違わないよう注意)
で検索。出てきたのをダウンロードして、
pkgaddコマンドでインストール。

それでもつながらないので、いろいろ調べると、
設定したり、作成すべきファイルがいろいろありそう。

Solaris/x86 Tech&Tips–[5] ネットワーク接続の設定と変更

上記ページを参考に設定して、ようやく接続できた。
このあたり、GUIでのツールは無いらしい。

シェルもデフォルトだと/bin/sh。
さすが元商用UNIX。なんか硬派だわ・・

chshが無いのだが、
passwd -e
で初期シェル設定できる。

あー、なんか本気でUNIX/Linux勉強しないとなー(><

関連記事:
acer Aspire M1100
acer Aspire M1100にCentOS5.1を入れてみた

関連リンク:
Solaris/x86 Tech&Tips/実践Solaris10
Solaris 10をインストールしてみた – ふつうの日記
ZDNet Japan – Solaris 10で行こう!
DeepBurner(ISOが焼けるフリーのライティングソフト)