不連続殺人事件を読んだ。

坂口安吾はミステリーも書くのか、と驚いたが、
氏は相当なミステリー好きだったらしい。

独特の文体そのままに物語が展開されてゆく。

ある資産家のところへ集められた、一癖も二癖もある文士達の中で
次々と謎の殺人が行われてゆく、というもの。

木を隠すなら森の中へ…

一見異常な行動も、周囲が奇異だと自然になってしまうという所がポイント。
小手先のトリックは存在しない。
ガチガチのアリバイ探しも無い。
ただ、心理を拠り所にした犯人の大胆さ、
物語の潔さ、スケールの大きさが感じられる。

もし神様にやさしくだかれて悪事をささやかれたら、いったい人はどうなると思う。

オススメ度★★★