パイオニアの5.1chサラウンドヘッドフォンSE-DIR2000Cを買った。
公式サイトはこちら

NOVACのCHAMPIONを買って、
まあまあだったし、しばらくヘッドフォンはいらないかな、と思ってたけど、
先日吉祥寺のヨドバシカメラで再度試聴したところ、
手に入れるしかないという結論に達した。

やはり、音場の作りこまれ方が違う。
値段にかなり差があるので、比べるのも変だけど。

定位がはっきりするのは、NOVACだけど、もうFPSでもPioneer使うよ。

皆言ってるけど、本当に

リアル5.1ch = FPS
バーチャル5.1ch = それ以外

という判断基準でいい気がする。
トラスティベルは急に音が繊細になって、雰囲気が変わった。
リッジレーサーも迫力が出て期待していたようなサラウンドになった。
今までのは一体なんだったんだ・・

ちなみにSE-DIR2000Cはdtsにも対応している。
うちにあるDVDひっくり返して、dtsで収録されたオペラを聴いてみたら、
これまたDolbyDigitalには戻れなくなってしまった。

というのはちょっと大げさだけどdtsのほうが広がりを感じた。
好みの問題というのもあるし、録音の仕方でいろいろ変わると思うけど。

音が変わるものとしては、ドルビーヘッドホンモードと、BASS ASISTモードがある。
ヘッドホンモードはDH1、DH2、DH3となるにつれ、
残響の具合が変わる。DH3にすると小さな劇場のように響く。
スクリーンが小さいと確実に音に負けるので違和感がある(笑

BASS ASSISTモードはそのまんま低音強調。
低音を強調するということは他の音域が弱くなるわけで、
全体として聞きづらくなるのであまり使っていない。
1~3まであるが、1にしても結構変わる。

ボリュームは耳元で調節できるが、
MAXがもう少し大きければいいかな、とも思った。
まあ滅多にMAXでは聞かないし、特に問題無いけど。

装着感も良い。
締め付けられる感じもなく、映画1本楽に見れる。

というわけで、値段並みには感動できるモノです。

アクション系映画はもちろん、
オーケストラのような舞台ものもオススメ。

今日の(´・ω・`)
・PS2はdts対応なのにdtsデコードされなかった
・Xbox360でDVD再生すると映像が不安定になる

関連記事:
NOVAC – CHAMPION