リア王を読んだ。

いわずもがな、世界中に知られた古典。
四大悲劇(「リア王」「マクベス」「ハムレット」「オセロー」)の一つ。
舞台を想像しながら読むと迫力を感じるんですよね。

シェイクスピアは、高校の時「間違いの喜劇」を舞台で、
マクベスをテレビで見ましたが、
やはり舞台を見るほうが面白いんかな、と思います。

活字にするとちょっと大げさすぎたり、
独白がわざとらしくなってしまいますね(笑)
でもセリフのところどころで名言があるのは楽しい。

リアと道化のやりとりが楽しいけど、
道化は結局どうなったのかな・・

オススメ度★★★