英語ライティングルールブックを買ってみた。

よくあるS+V+Cとか文法のお勉強、という感じではなくて、
どういうニュアンスを持っているか、どう使われるか、という感じで書かれてます。

というわけでパラパラめくって読んでいるだけで面白いのですが、
そのeffort(努力)についての箇所。

effortは肯定的な意味合いを持っていると思わけがちだが,実際は否定的な使われ方をすることが多い。

要するに報われない努力みたいのをさすことが多いようです。

I made an effort…

だと、ちょっとは努力しましたが(ダメでした)
みたいな。

インターネットなんかでのデータ転送は、
ベストエフォート(best effort)型と呼んだりしますが、
この言葉は
「最大限努力するけれども、やはり取りこぼしがあることが前提ですよ」
という感じなんですね。

まあ言われなくても、そういう感じはしますが、
改めて意味を確認すると、ちょっと面白い。

そういや、どっかのプロバイダの広告に
「100%ベストエフォート!」
とかデカデカと載ってたのには笑った。
それ、ウリじゃない。