読書をしていた斉の桓公に扁(へん)は言った。

「その本は聖人の残りカスですね」(続き(中ほどから))

糟粕(そうはく)は嘗めてはならない。

糟は糟として、ただ自分の肥しとすれば良いのだ。