このブログの古い記事を引っ張り出してみよう・・
ICO
ワンダと巨像

諸君、あれから10年が経ったのだ!

満を持して新作の登場・・
過去記事の通り、ICOとワンダは大好きなのだけれども、トリコのトレーラーを見るに、さほど期待はしていなかった。
これはICOとワンダの単なる延長でしかない、と。

それでも購入してみたのは、先日PS4 proを買ったものの、なんとなく持て余してて、適当なソフトを探してたからにすぎない。

そして、プレイしてみた結果、やはり単なる延長的存在であった。

質が低いわけではない。
シリーズ最新作の名に恥じない、非常に完成度の高いものと言える。
風景描写はもちろん、トリコのAIなどは、こちらの意図が無理なく伝わるように見えることに驚く。

しかし、それだけである。

ICOやワンダをプレイしたことのない方にはオススメできる。(ただ機会があればICOかワンダをオススメしたい)
また、なんでもいいからあの雰囲気に浸っていたい、という方にもオススメだ。

徹底して一つの世界、一つの物語を作り上げている。
そういう「作品」として見るべきなのだろう。

元々の個人的な性分だと思うけれど、歳のせいも加わって、最近「以前見たもの、以前やったもの」に対する飽きが尋常でない。
トリコも同じで、これはICOで見たし、ワンダでやったのだ。
もういい。

無料体験版であったなら、本編は買わないだろう。
でも買ってしまったからやる・・
(幸か不幸か、大したボリュームではないのだ。適当にやっても4〜5日で終わってしまうだろう)

そう思ってるせいか、プレイ中もイラっとするところがある。

とにかく操作性が悪い。
少年の動きは微に入り細に入り、よくできているのだけれど、それらを正確にモーションするために、思ってる動作にすぐ入らないことがある。
また、基本的にやたら高所で足場の悪いシーン、狭いシーンが多いため、スムーズな移動ができず、すぐ淵に接触してフラついたり、唐突に物に体当たりしてよろけたりする。
(そのたびにヒヤッとさせられ、しまいには落ちるなら落ちろ、という心の荒み具合に!)

他にも、カメラワークがー、とか、トリコの動きがー、とかあるけど、それらはまあ操作性に比べたら些細なこととしておきたい。

いや、操作性にしたって、この世界をしっかり満喫するつもりで、のんびりプレイすれば大して気にならないだろうとは思う。

うん。要するに、もう飽きてしまった。それだけのことだ。